ホームページ制作入門(HTML入門)
 直前のページに戻る


HTMLとはホームページを作るために、世界共通の言語で書かれたテキスト文書です。
専用ワープロで作った文書は専用ワープロでしか表示できませんが、HTMLは世界中のコンピュータで表示できます。
しかし、自宅や職場などでそれぞれ違った機種やシステムのコンピュータを使用しているはずです。
MacintoshやWindows95やUNIXなど、異なったシステムで、同じように表示させるために、すべてに共通する「標準」の環境を知ることが大切です。ほとんどは基本的に共通化されていますが、機種依存文字などコンピュータのシステムの違いによって表示できないものもありますから、注意しましょう。
参照->機種間の標準化/機種の違いで表示できない文字

HTML文書の基本的作法


1.HTML文書はタグと呼ばれる標準テキストの決めれたフォーマットで書かなければなりません。

2.HTML文書はHTML宣言タグ、ヘッド、ボディが必ず必要です。

    ヘッドの部分を利用して背景色や壁紙を設定します。

3.HTMLタグは<></>で囲まれた同一の命令で成り立ちます。忘れないように。

    <HEAD>と書いたら、必ず</HEAD>で終わらなければいけない。
    命令と、その終了はちゃんと対応していなければダメ。
    (改行用の<BR>、横線を引く<HR>、などは例外)

      <BODY><H1><I><B>文書</B>対応</H1></I><BODY>  ・・・・・誤

      <BODY><H1><I><B>文書</B>対応</I></H1><BODY>  ・・・・・正

以上のことを守れば、大丈夫なはずです。

<HTML>                         
<HEAD>                
<TITLE>
わたしのホームページ
</TITLE>

</HEAD>

<BODY>              

<H1>タイトル</H1>

<FONT SIZE=+3>文字の大きさ</FONT>
<FONT SIZE=+2>文字の大きさ</FONT>
<FONT SIZE=+1>文字の大きさ</FONT>
<FONT COLOR="#FF0000">赤文字</FONT>
<FONT COLOR="#00FF00">緑文字</FONT>
<FONT COLOR="#0000FF">青文字</FONT>

<P>標準
<B>ボールド</B>
<I>イタリック</I>
</P>

<P>
<A HERF="mailto:ichi@umi.ne.jp>
ichi@umi.ne.jp
</A>
にメール下さい。
</P>

</BODY>

</HTML>                         

リンクの方法

●他の人のホームページにリンクするときは。
<A HREF="http://home.umi.ne.jp/~ichi/">スタジオIchIにリンクします。</A>
●自分のページから自分のHTMLにリンクするときは、そのまま書けばOK!
<A HREF="○○○.htm">○○○にリンクします。</A>
●自分のページのHTMLでも、別のディレクトリに移動する場合は「/」をつけます。
<A HREF="△△△/○○○.htm">△△△のディレクトリ、○○○にリンクします。</A>

自分のページの任意の箇所にジャンプする方法

●最初にジャンプを受け付けるマークをジャンプさせたい箇所に付けます。
文法は、
<A NAME="☆☆☆"></A>
です。
●同じページ内でジャンプする際はマーク用の文字に#を付けて、そのまま書けばOK!
<A HREF="#☆☆☆">☆☆☆にジャンプします。</A>
●他のHTMLページでも、リンクの方法と同様に最後にジャンプ用のマークを付ければOK!。
<A HREF="△△△/○○○.htm/#☆☆☆">
△△△のディレクトリ、○○○のページにある☆☆☆を参照します。</A>

バックを付けよう。

●バックの色を変えるときは<BODY>の文に色の指定を追加します。例は白。
<BODY BGCOLOR="#FFFFFF">
●バックに壁紙を使いたいときはBACKGROUNDの文を追加します。
このとき色指定も書いておいた方が、親切です、壁紙に近い色を指定しましょう。
壁紙用の画像はhtmlと同じディレクトリに置きます。(大文字小文字に気を付けましょう。)
下記の壁紙を使って、試してみて下さい。
<BODY BGCOLOR="#FFFFFF" BACKGROUND="bg1.gif">

ホームに戻る